レンタルで安く使う

福祉車両レンタカーを借りる

福祉車両と言っても色々な仕様なものがあります。車椅子に乗ったまま乗り降りができる仕様だったり、サイドリフトシートと言う後部座席が外に出てくる仕様だったり、介護内容に合わせたタイプがあります。この様な福祉車両の事をウェルキャブと言います。レンタカーを借りる際に知っておいたら良い事をお話いたします。基本的には、レンタカーを借りる料金は、一般的なレンタカーと変わりは無いです。しかし一部の福祉車両(ウェルキャブ)の中には、割り増しする車両も有るのが現実です。少しでも低コストで抑えるためには、数日前からのネット予約や電話予約と言った借りる日時より前に、予約をしておくと安く借りられるケースもございます。レンタカーの会社によっては、福祉車両割や基本料金が非課税になってる会社も有りますので、どこのレンタカー屋さんで借りるかでもコストを抑えて福祉車両を借りれるのではないかと思います。

レンタルする際のサービスやオプション

レンタカーを何日間借りるか、どのような使用方法をするのかによって少しでも長くお得にレンタル出来る場合もございます。例えば、旅行先でレンタカーを借りる際、現地でレンタカーを借りてそのままその店舗に返さず、最寄の店舗で返せるサービスがございます。福祉車両ですから、介護を伴う移動です、何時何が起こるか分かりかねます、旅行先から他の交通手段では帰れない場合も有ると予測されますので、そのような自体に備えてという点ではとても良いサービスではないかと思われます。この様な借りた店舗で返さず他の店舗で返却できるサービスを(ワンウェイシステム)と言います。他には、長期間借りればお得で一ヶ月単位で借りる(マンスリーシステム)と言うサービスもございますので仕様用途によって選んでみてはいかがでしょうか。

車をレンタルする

レンタカーはレンタルする時間によってレンタル料金が異なっていますが、ネットからは利用時間ごとの料金を調べることができます。また環境に対応した車も豊富で、ガソリンの使用量を減らす事が出来るコンパクトカーも人気を呼んでいます。

詳細はコチラ

イメージの違い

昔の深夜バスはあまり良くないイメージを持っている人も多くいましたが、現在は快適に利用しやすい取り組みをしているため、深夜バスでも満足する人が増えています。料金は通常プランの他にも特割プランがあるので、それを利用すれば費用を安く抑えることができます。

詳細はコチラ

予約をする

関空を利用する際には駐車場も一緒に利用する人も多いですが、事前に予約をすることで割引サービスを受けることができます。関空近くの駐車場はインターネットのホームページから探すことが可能です。

詳細はコチラ

浸透している

日本国内ではカーシェアが浸透しつつあり、車種も増えていることから気軽に利用する人が増えました。カーシェアは15分単位からレンタルをすることができ、ちょっとした買い物でも利用が可能です。

詳細はコチラ

宿泊先を決める

研究発表会や交流会などでゼミ合宿をする人も多いです。合宿は勉強だけではなくバーベキューやテニスなど遊びながら過ごすこともできるので良い思い出づくりにもなります。合宿日は一日から決めることができます。

詳細はコチラ